読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AS2500の最果てで

AS2500のどっかのNOCのまとまらないまとめ

解決 - IO cacheがやたらとdropさ(ry

前回、
RHEL6 + XFS + PERC6/Eな環境でIO cacheがやたらとdropされてしまって困っている - AS2500の最果てで
って書いたあといろいろ調べたら解決しました

MegaRAIDとかXFSが悪い気がしてそこら辺しか書かなかったのですが、そこは関係なかったようでした
80G搭載してるノードで40Gぐらいでdropするところから、察した人もいるかもしれないですが、NUMAが原因でした

openSUSE 13.1: 第15章 メモリ管理サブシステムのチューニング

このページの日本語なんか違和感多いんですが、結局のところ

/proc/sys/vm/zone_reclaim_mode

を0にしろってことですね

ってことで0にすると、こんな感じになりました

f:id:Flast:20140212110955p:plain
f:id:Flast:20140212110958p:plain

0:00付近にIO utilが上がってるのはスケジュールしてたXFSのデフラグが走ったからなので問題ないです
あとは通常のrsyncが走ったりとかです

flushとかdropするタイミングでLA上がったりIO util上がったりしてるのが明らかに見て取れますが、前後でLAが1強ぐらい変わってる気がします

よいよい